携帯小説!(PC版)

トップページ >> ZAZAさんの一覧

ZAZAさんの投稿された作品が3件見つかりました。

  • 1
 
  • DARK-NESS166

    自分より小さいが長時間背負い歩くのはかなりの疲労だムカイの体力は限界を迎えていた。「ここでいいのか…」森林にひっそり佇む建物にたどり着いたが、玄関で力尽きて倒れた「あれ?誰か倒れてますよ室長」買い物袋を持つ女の子が室長と呼ぶ人物はすぐに察しがついた。「ミント君、倒れてるガキ共を部屋に連れて行って治療してあげなさイ」ミントと呼ばれた女の子が持っていた買い物袋を室長が持って部屋に入って行った「これで良
    ZAZAさん作 [19]
  • DARK-NESS165

    「数が合わないってどういう事だ?」「私と牡丹の1つずつの魔痕をムカイに移すはずだったが、まさか牡丹が両目に魔痕を発動出来るとは予想外だ…」大和家の象徴であり、誇りでもある魔痕を根絶やしにしない為、他人に移すはずが1つ余るという緊急事態に現・大和家当主、大和八重桜が決断する「とりあえず牡丹の魔痕をムカイに移す…」胸の前で手を合わせて静かに息を吐くと八重桜の後ろに阿修羅が現れ、合掌している第1組手が牡
    ZAZAさん作 [25]
  • DARK-NESS164

    イヤホンをそっと外し、二人に近く「ここを離れる。残念だがもうお前達しか残っていない…だからもっと安全な所へいくぞ」二人を連れて外へ出て、崩れた本堂の方を見ると巨大な仏像が現れた「何だあれは…」.「兄上の阿修羅だ!」「阿修羅の第二組の手は絶対防御だから無敵なんだよ!」チラッと弟子を見るが、首を傾げるだけだった「もう大丈夫だよ!兄上の所へ行こうよ!」「なるほど…発動中はどんな攻撃も通さない能力か…だが
    ZAZAさん作 [36]
  • 1
 

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス