携帯小説!(PC版)

トップページ >> 焼き魚さんの一覧

焼き魚さんの投稿された作品が4件見つかりました。

  • 1
 
  • 〜Stliker〜 哀編 (163)

    連邦公国軍統括指令府正面防壁外側。シェイル・パトリックと彼女の操るストライカー“バロンドール”は単身で敵の大群の突破を試みていた。これらは巨大で且つ、昆虫とも動物とも取れない様々な姿をしたグルドの大群である。統括指令府の周辺はそのような異形の生物たちで足の踏み場もないほどに埋め尽くされていた。これは地上だけでなく指令府上空にも無数も飛行生物が飛来し太陽を覆い尽くさんばかりのありさまであった。バロン
    焼き魚さん作 [99]
  • 〜Stliker〜 哀編 (162)

    連邦公国軍統括指令府会議室ここには既に30余名の兵士がそれぞれの机に着席していた。まもなく入場したロイはそのまま登壇し、龍雅は袖に控えた。着席していた兵士が一斉に立ち上がるとロイに注目した。ロイは壇上から全員の顔を見回した。「(経験が浅そうな者ばかりだが・・・)着席してくれ。早速、今回の作戦について説明する・・・」ロイはメンバーの顔を見た瞬間、落胆に近い感情を受けた。決死隊を組むと意気込んだロイは
    焼き魚さん作 [168]
  • 〜Stliker〜 哀編 (161)

    指揮命令系統の完全な破壊と通信網の遮断に成功した革命教団は更に首都の制圧を急いだ。革命教団の暫定リーダーであるハーツの指揮の下、事象発生の30分後には議員全員を評議会にて拘束し、軍の総元帥であった川崎大信をクーデターの首謀者と仕立て上げた。ハーツは軍の即時武装解除と国家の解体、新国家樹立の承認を迫ったが議会の一部が激しく反発・抵抗した。議員の中には軍出身者もいたがそれ以上に何かしらの武術、護身術を
    焼き魚さん作 [155]
  • 〜Stliker〜 哀編 (160)

    革命教団による軍部上層部制圧は成功した。国家元首の拘束にも成功し、クーデターともとれる行為は一見成功したかに見えた。しかし、電波ジャックによる新国家宣布放送は失敗し、宣布を拒んで国民に決起を求めた大公は凶弾に倒れた。放送スタジオ現場に居合わせた革命教団のメンバーは全員狼狽し、それはハーツ、加原とて例外ではなかった。大公に対して銃を向けたメンバーは震えながら座り込んでいた。加原は我に還り、銃を向けた
    焼き魚さん作 [125]
  • 1
 

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス