携帯小説!(PC版)

トップページ >> アドベンチャーの一覧

アドベンチャーの携帯小説に含まれる記事が892件見つかりました。

 
  • 不良(しそうか)

    少年は親を捨て名前を捨て、自ら新たな名前を身に着ける。14才の秋の事。その日、家出をした彼は悪太と名を変え、世間にも社会にも背を向け、親にも頼らずに一人で生きていこうと決めた。彼にはロボというあだ名の友人がいた。ロボは悪太のただ一人の友達だった。家出したことをメールで報告すると、顔文字付きで万歳と返信が来た。思わす、悪太の顔がほころぶ。悪太はまず、家を出たその足で、町で有名なやくざの家に向かった。
    どろぼう猫さん作 [202]
  • その汗の行方

     総てが凍り付くような冬。行く手を阻むよう雲の層。雪に覆われた無人の校舎。点滅する蛍光灯。薄暗い廊下。ほの赤いランプが、ぼうっと浮かび上がっている。 そんな情景は、何かが終わってしまうには、いかにも丁度いいもので。 だから君は、独りで学校の廊下を走っていた。 全身汗だくで、吐息も荒く、足を懸命に動かして、必死に何かを救おうとしていた。 何を? それは、君にも分からない。 それこそ、誰にも。この世界
    グルルルさん作 [241]
  • 物霊・3

    警官「嘘だろ!!化け物を倒したぞ!?」武士「したっーあの龍斗さん?帰って良いですか?高校生「いいよ」武士「あざっしたー」武士が日本刀のストラップにすいこまれていった警官「何だ今のは?」高校生「はぁ一般人に見られちまった」高校生「まぁしょうがない、いいか今見たのは他言無用だぞ?もし誰かに言うだったらお前はここで・・ 死ぬよ」警官「言わないてか信じて貰えない」高校生「だよなぁよし俺はりゅ
    さん作 [289]
  • 物霊

    2065年 世界は恐怖で包まれていた5年ほど前から突然、化け物が現れた、だが人類はそれが何かも、どうやって倒すかもわからなかった。夜は警察がパトロールするが警察では太刀打ち出来なかった 零警官「あーあパトロールダルイナー」警官「だいたい化け物なんかに勝てるわけないでしょ」 グワァァァ暗闇の何かの叫び声が聞こえた 警官「くそっ」 警官が走りだし叫び声の先には高校生が立っていた
    さん作 [283]
  • 神々の力・6

    ガルシア「とりまホワイト社を潰すのを手伝えばいいんだな?」瞬「あぁ手伝ってくれるか?」ガルシア「もちろん手伝うさだけど条件がある」瞬「何だ?」ガルシア「ホワイト社支店を潰すのはここだけじゃないだろ」瞬「あぁ最終的にはホワイト社全体を潰すつもりだ」ガルシア「俺らもホワイト社に恨みがある、全員とは言わねぇ、俺たちの精鋭を旅に連れってくれないか」隼人「いいけど危険だぞ」ガルシア「分かってる」瞬「分かった
    さん作 [270]
  • 神々の力、4

    雑魚A「雑魚Aってめんどくさいから名前言うわ」ダリク「俺の名前はダリク」雑魚B「僕の名前はランスダリク「じゃあ行くぜ」 ダリクが瞬の腹に蹴りを決めた、瞬「くっ強いな何の神だ?」ダリク「俺は 体術の神だ」瞬「体術?」ダリク「今で言う格闘技みたいな・・・・」ダリクの心臓に日本刀が刺さるダリク「えっ」 瞬「体術の神ゲット(^-^
    さん作 [306]
  • 神々の力3

    おいコラ隼人俺作者だぞ ナレーターってなんだよ 確かに名前忘れて1は鴈 2は羅したけどナレーターはないだろ俺はお前を段ボールがマイホームの人にする事だって出来るぞコラ隼人「すいません」まぁいいとりあえず説明するぞ 隼人は火の神フランと 銃の神エルファ フランは敵に物理攻撃を与える エルファはその場銃を出せる 隼人は瞬と共通の目的がある。 瞬「よし行くか」隼人「おう」瞬「まずはクラン支
    さん作 [298]
  • 神々の力,2

    神の力を宿した者たちが殺し合いした場合死んだ者の神は殺した者に宿る 第一章,始まりここにも1人神の力を宿した者がいた名前は黒崎瞬 この者の宿した神は 鉄の神メタン 闇の神ゾロアスター メタンの能力は剣などをその場で作ることが出来る ゾロアスターの能力は 相手に物理攻撃を与える 瞬「ゾロアスター使えねー」 瞬には目的があった それは自分の家族を殺した組織を全滅する事
    さん作 [266]
  • 神々の力

    この世界は人間が神を己の中に宿すことが出来る 神を宿せる条件は憎しみ、絶望、この2つが完璧にそろつた時。神の力を宿した人間は国が雇ったり、暴力団が雇ったり、また能力を持った者たちが組織を作っていた
    さん作 [287]
  • 訂正版‡アトラン傭兵団‡の別サイトでの公表に関するお知らせ

    今まで私の拙い文章力でこの掲示板に公表させていただいた旧【アトラン傭兵団】ですが、更新せず、放っておいてしまってごめんなさい。それで、あまりにも文章力と内容が残念に思えてならなかったので、一年ほど独学修行して、読めるものにできる程度の実力をつけて、綿密に再々リメイクし、何とか現在の訂正版に至りました。すみませんが、もし見たいと言う方がいらっしゃるのでしたら、ご迷惑をおかけしますが、『ポケットスペー
    レオルビの管理者さん作 [602]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス