携帯小説!(PC版)

トップページ >> コメディの一覧

コメディの携帯小説に含まれる記事が629件見つかりました。

 
  • Pi Pi Pi

    暇な時、私が暇潰しとして利用するのはスマホ。私がいつもスマホでする事といえば、ブログを更新したりアプリで遊んだり、友人とメールでやり取りしたりだ。そして、いつもの様に私がスマホで暇潰しをしていたら_
    ひよこさん作 [193]
  • 田中二朗は中2病

     田中二朗は中2病だ。 それは彼が14歳であることや響きがカッコ良さげな外国語を叫ぶ趣味があること、ダークヒーロー物や悲劇的結末の娯楽作品に憧れを持っていることには一切関係なく、彼は中2病になってしまったのだ。 彼の体は14歳のまま、時を止めてしまい、炎を操る能力を得たのである。 そんなある日、彼は全身黒タイツの、キーキーと呻き声をあげる集団に誘拐されてしまった。 しかし、そんな彼の目はむしろ、期
    グルルルさん作 [303]
  • 無題

    夜の道路工事交通整備の誘導員振ってる赤いやつが《ライトセイバ―》振る度に《ウォ―ンウォーンウォーン》てなるしかも長いからたまに対向車を切り飛ばすそしてメットもあの黒いやつだから、かぶると《ス――コォ――ッ、スー―コォ――ッ》てなるしかも黒くて目立たないから、たまにあのでっかいショベルの先っちょが当たって吹き飛ばされるとても大変な仕事である
    さん作 [566]
  • 嗚呼!のど自慢

    七三頭に蝶ネクタイうさん臭い司会者「さぁっ!、歌いきったら百万円!次の挑戦者は――っ!」「山形県米沢市からお越しの山田健造さんです!」みごとにハゲあがった頭にねじりハチマキはっぴを着て登場する山田健造52歳司会者「それでは山田さん、歌っていただける曲はなんでしょうか?」健造「……」うつむいたまま黙り込む健造何も語らない山田健造に困惑している司会者重い口を開く健造「ひっ..光KENJIの...光kE
    さん作 [550]
  • バカなやつら

    【散髪屋】そしてこいつは、くだらない事に命をかけている男いらっしゃいませ〜可愛い笑顔で出迎える若い女他に客は居ないようである男《ヨッシャ―!今日こそはやってやるぞ》【下ネタ返し】カァ―――ン!男の頭の中で、勝手にゴングが鳴る「ここ初めてですか?」笑顔で話す女男「あっいや、3年前の夏に同級生のマユちゃんと、1回だけ..しました」女は男の返答がよくわからない様子である散髪用のスモックを掛けながら女が「
    さん作 [549]
  • ありえね〜【渋滞編】

    高速道路男「やっぱ大型連休は車が多いなぁ」渋滞で停車男「あ〜あ止まっちゃったよ」男「ん?」前で停車している車に異変がウィーン、ウィーンタイヤが車体に格納されていく激しく砂煙が舞うズバッ!ズバッ!翼が出現ヒュイー――――ン!上空高く飛びさっていった男「......なんだ、飛べるんだったら最初からそうしろよ....」男「...なぬ?飛ぶだぁ―――――――っ!!!」そして更にその前方の車両、後方の車両も
    さん作 [533]
  • ありえね〜【コンビニ編】

    男「ほうここが全セルフのコンビニか、話のネタに入ってみるか」《イラッシャイマセ〜!》自動音声が流れるそこは商品が入ったショーケースから欲しいものを選び自販機のようにお金を入れて購入するシステムである《無人化で人件費削減、営業経費削減か?コンビニも進んだもんだなぁ》取り出し口からスナック菓子を取る「なんともこれは便利!」「これならエ○本も店員を気にしないで買えるじゃん」一通り買い物を終えて店を出よう
    さん作 [511]
  • ありえね〜【乙女の悩み編】

    「伊集院先輩、ショートカットが好きなんて…こんなんじゃなぁ…」由香17才恋とニキビに悩む今どきの女の子《フロでアクティブ14日チャレンジ》由香「やった!」いざ先輩のもとへ先輩の家由香「じゃん!」そこにはくりくりの坊主頭の由香立っていた先輩「おっ!」同じく坊主頭に袈裟姿の先輩真言宗 『伊集院』
    さん作 [485]
  • 〜場合(1)〜

    親とケンカした日のお弁当翼の場合翼「う〜お母さんヒドイよ。僕の嫌いなピーマン入れた」嫌いな食べ物が入っている流の場合流「…ご飯がない」おかずしか入ってない満の場合満「カップ麺…食堂でお湯もらいに行ってくる」お弁当の中に麺を細かく切ったのとスープのもとがすでに入っている夜の場合4時間目終了後、母がお弁当を届けてくれた…ブクブク音がなってるお弁当箱、触ってみると夜「熱!!!」お弁当箱はものすごく熱かっ
    美穂さん作 [449]
  • 新ありえね〜

    男が一人、とある激辛店でラーメンをすすっている《世界一辛い!拷問ラーメン食べきったら5万円》の見出し。男「あ〜あこんなの全然辛くねぇ賞金もらい〜!」店を出る男男「あ〜どこかにこの俺様をうならせる激辛料理はないのかぁ〜!」その男に近寄る老人が一人男「なんだ爺さん、おれになんかようかい?」謎の老人「お若いの、そんなに辛いのがお好きかい?」男「あぁ好きだね、鋼鉄の肛門さ、でもいまだに納得する辛さに出会っ
    さん作 [424]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス