携帯小説!(PC版)

トップページ >> 恋愛の一覧

恋愛の携帯小説に含まれる記事が22370件見つかりました。

 
  • 第一話 おれの○○…。(BL)

    注意この小説は、BLの恋愛小説です。それをご理解のうえでお読みください。第一話A−1おれの○○…。 俺、鏑木 宗汰 十\六歳。 唐突だが、今結構\めんどくさい事になっている…。「お前、こっち来いよ」 金髪の男に、腕を引っ張られる。俺は「またか」と思いながらその男について行く。 連れてこられたのは、人気のない裏道の一角だった。…嗚呼、このスチュエーション…。 男は恐らく俺と同じ、高校生だろう。制服の
    相川 結菜さん作 [272]
  • はる

    わたしあなたとどうなりたいのかな 逢いたいのかな手を繋ぎたいのかなハグしたいのかなキスしたいのかなセックスしたいのかな近づきたいのかな逃げたいのかな好かれたいのかな嫌われてしまいたいのかなわからないけどよくわからないけどわたしはあなたが大好きでたまらない
    かえる子さん作 [327]
  • 片想いでも、恋は恋☆4

    (いつも自分から退いちゃうんだな、私は・・・。)梨香は、自分が情けなかった。もっとも、この男性恐怖症は、最近始まったものではないから、自分のパターンには、収まっているのだが。 翌日、登校すると、親友の翠は、機嫌が良かった。 「あのね、私、今日ついてる感じがするんだぁ。ふふ♡」 如何にも、人生に春がやって来たかの様である。 「いったい、どうしたっていうの?」 いつも、大体、梨香は翠の聞
    青木 めぐみさん作 [303]
  • 片想いでも、恋は恋☆3

    「ん?そうだよ。この間、階段でこけちゃってさぁ。あの様だよ。はは☆」 「はぁ…。そうなんですか。なんだか痛々しくて可哀想。」梨香の母性本能がくすぐられたのかもしれない。 「可哀想なんかじゃないよ。自分がボーッとしてるのが悪いんだよ。フフ♪」 (へぇ、結構天然なんだな、彼。仲良くなれるかも♪) 梨香は、なんだか愉しくなって来たのか、うつむいていても微笑みが表情に浮かんできた。 「何か楽しいことでもあ
    青木 めぐみさん作 [302]
  • 片想いでも、恋は恋☆2

    柏木 梨香。高校二年生。帰宅部。身長163センチ。趣味:御菓子作り、マグカップ集め。なんて平凡なのか、私は…。こうなったら、社会人デビューしたら何か派手な趣味でも始めよう!そんなことを考えながら、アーモンドオーレを味わっていると、松葉杖をついた真面目そうな感じの青年が、店に入って来た。「おかえり、徹。今日は、まっすぐ帰って来たのか。足の具合は、どうだ?」マスターが、心配そうに訊く。どうやら、ここの
    青木 めぐみさん作 [328]
  • 片想いでも、恋は恋☆1

    (今日も、何も無い平凡な1日だったな…。)梨香は、高校では帰宅部だった。靴箱の前でいつもと変わらず思った。 この学校に転校してからもう二ヶ月が経とうとしていた。だが、相変わらずの日常が繰り返される毎日だ。中学生の頃は、高校生になったら、部活をして、彼氏と付き合って、青春を謳歌するものだと思って、楽しみにしていた。しかし、いざ入学してからは、進学校の為、勉強をこなすのに精一杯で、部活をする余裕がなか
    青木 めぐみさん作 [306]
  • たまらんく哀しい〜プロローグ

    たまらんく哀しい続たまらんく哀しい哀しみの果てにという3部作品をようやく完結させました自己満足を堪能しています(笑)小学4年時の拭いようのない惨事までを書いた「たまらんく哀しい」高校3年時と大学4年時に事件に対する怒りを暴力で訴えたことを書いた「続哀しくてたまらん」社会人10年目で23年ぶりにようやく訪れた出来事を書いた「哀しみの果てに」この23年間に「口笛吹いて」で書いた転校先での友情「あの日あ
    シャインさん作 [333]
  • この恋が終わるまで、、、。「第1話」

    いつのまにかこんなに大好きになってた、でも彼にゎ、1年近く付き合ってる彼女がいる。ダメだと思えば思うほどはまってく。お互い好きなのに、結ばれない。あんなに仲が良くてあんなに愛し合ったのに、、、。好きって伝えただけでもう今までの2人ぢゃなくなるんだよ。そんなのわかってる、だから今でもこうしてお互い気づかぬフリをしてるんでしょ。あたし、中学2年生のしほ。1つ上のほのかと3つ年上のあけみといつもいっしょ
    loveさん作 [237]
  • 愛してる

     いつも言葉だけが空回りする。口からでた感情は、いつだって驚くほど滑らかに飛び出していく。まるで判子のように、初めから押印できる形が決まってしまってるみたいに。自分の中にはその形しかないみたいに。「愛してる」 そう言われた時、この言葉はどれほど信じるに値するだろう。 この事は多分、疑いや悩みを持ったことがない人には分からないに違いない。 いや、そういう人は分からないのではなく、理解したくないだけな
    グルルルさん作 [348]
  • 哀しみの果てに(最終話)

    目を覚ますと小田はテーブルの上に置き手紙と部屋の鍵をおいて部屋から出ていっていた手紙には鍵を閉めたらポストに入れておいてくださいと書いてあった僕は結局小田とは僕からは一言も言葉を発しなかったことに気がついたあたりはいつの間にか夕暮れ時になっていた僕は仏壇の幸さんと由美子ちゃんの写真を眺めた幸さんと由美子ちゃんを亡くした後の僕の人生は大切な人を失い続けた人生だった雄太純教子…そして上田色んな思い出が
    シャインさん作 [284]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス