携帯小説!(PC版)

トップページ >> ノンジャンルの一覧

ノンジャンルの携帯小説に含まれる記事が5566件見つかりました。

 
  • 一か八か…皆様へ

    最近当板は閑散状態ですが(笑)一か八か…リレー小説を提案します四年前位かなお題募集と共に企画されたリレー小説です参加希望者はコメント欄を掲示板としますあの楽しく活気のある板の復活を切望しますえっトラブルメーカーのお前が(笑)まあまあまあまあさてさて企画倒れに終わるのも一興なり♪
    シャインさん作 [402]
  • 流狼-時の彷徨い人-No.85

     退却の素振りをみせる信玄にたいし、その距離を一気につめるべく身をかがめるノア。「逃しはせぬ」 大腿部に蓄えた力を開放しようとした刹那、出鼻をくじくように彼女の愛馬であるファルコンがその行く手をふさいだ。「ファルコン」 静かに見つめる黒鏡のような瞳が、ノアに訴えかけていた。 戦意を失い逃げはじめた敵を、この状況下で追う必要があるのかと。 普段の冷静な自分に立ち返ったノアは、振り替えって半次郎をみた
    水無月密さん作 [359]
  • 流狼-時の彷徨い人-No.84

     己の命を盾として二人を救ったことに、一片の後悔もみせない半次郎。 その姿に、段蔵は言葉をうしなっていた 。 そして半次郎は最後の役目をはたすべく、偽りのないその胸中を段蔵に語りはじめる。「………ハクの名を耳にした時の、…加藤殿の目が気になっていました」 淡々と語りはじめた半次郎は、背の高い木々達の間からのぞく、僅かな空に目をむけた。 その蒼さは限りなく清んで見え、何故か無性に懐かしくおもえた。「
    水無月密さん作 [322]
  • きみがいなくなる日。

     かつてその痛みは、理解してはいても、共感には程遠かった。 いくど経験しても、堪え難く慣れることのない痛み、癒えることない傷、一生埋まることのない空白。 それは、とても辛くて、しょうがないのに、どうしようもなく、逃れられない その日を、どんな覚悟を持って迎えたところで、揺らぐ気持ちを抑えるのは、到底不可能だ。 何が揺らいでいるのか? それは今までいた自分の世界。 永遠に揺らぐはずのないと信じた、で
    グルルルさん作 [389]
  • 流狼-時の彷徨い人-No.83

     あらぶる感情にまかせて歩をすすめるノア。 その身体を覆う高密度のオーヴは局所で火花をとばし、際限なしに増大していた。 その様を目の当たりする半次郎は、自分が属するサイレントオーヴが明鏡止水の精神状態で発動するのにたいし、ノアが属するライジングオーヴが対極にある事を理解した。「……ちゃんと、…感情の起伏を持ち合わせているじゃないですか」 血にまみれた口許をほころばせる半次郎。 その息は絶え絶えで、
    水無月密さん作 [365]
  • プラ塩化3

    愉快な社員「おいおいおい!コイツ、シュウプリ〜ズだってよ!」彼の名は鈴木正。スポニチの中で唯一IQが100を超える男だ。いつもマンテツを募っているが腹の中では何を考えているか解らない。暗い社員「それならそうと早く言えば言いのに。」彼の名は丘下。暗いが競馬の的中率はマンテツを凌ぐ。平社員「ンプンプンプ! ップンプンププアンプ!」、、、、彼は、、、、。マンテツ「おい島谷!下品だからって面白い訳じゃない
    Nothing mind Renelutionさん作 [259]
  • プラ塩化2

    ――その時、私はベンツの中――JR国鉄の社長としていろんな企業をいち早く訪問し対策案を出して回っていた。 エドガーケイシーの予言は眠った状態で行われる。夢の中で未来像を見て、無意識の状態から予言を伝える。深く掘り下げれば多くのユダヤ予言体系、そして白人達の潜在的プライドへと結び付く。しかしここは日本。予言に対する心構えなど無く、オウム心理教のXデーの様にほんの催し事でしかなかった。 しかしヨーロッ
    Nothing mind Revolutionさん作 [263]
  • 放流

     …。 えっ? ……そんなぁ、私、可愛くなんかないよぉ。ほんと? いやでもぉ あー、めんどくせぇ。変な女にあたっちゃったな。 ……。 あの部長、マジであり得ねぇ。使えなさすぎ。自分からやりたいって言ったわりに俺に丸投げとかないわ〜 そんな話を、わざわざファミレスに呼び出して関係ない他人に話してるお前もどうしよもないけどな。 ………。 た〜けや〜、竿だけ♪ た〜けや〜、………。 …………。 えっと、
    グルルルさん作 [274]
  • 流狼-時の彷徨い人-No.82

     凄まじい闘気をまといしノアが、信玄に引導をわたすべくゆっくりと歩みはじめた。 その姿に、屈強で知られた武田の精鋭達が浮き足だっていた。 戦士として優れているからこそ、ノアの戦闘力が自分達とは次元が違う事を、本能が理解していたのだ。 振り下ろした軍配をそのままに半次郎を凝視する信玄は、視界にノアの姿をとらえておきながら、何の指示もださずにいた。「お館さま、撤退のご指示を。 あれは化け物です。 まと
    水無月密さん作 [339]
  • 流狼-時の彷徨い人-No.81

     その身に複数の銃弾をうけ、力尽きて崩れ落ちる半次郎。 その半次郎を抱き止めたノアは、忸怩の念に口許をゆがめていた。 彼女は加藤段蔵という強敵を意識しすぎたあまり、周囲への警戒がうすれていた。 そのつけを、半次郎に回してしまったのである。「ワタシが特異体質である事は話したはずだ。 なのに何故、ワタシの盾などになった」「……貴女はご自身が不老であるとはいわれたが、…不死であるとはいわれなかった。 …
    水無月密さん作 [337]
 

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス