携帯小説!(PC版)

トップページ >> ノンジャンルの一覧

ノンジャンルの携帯小説に含まれる記事が5566件見つかりました。

 
  • 空手道 佐山塾10

    やっぱり… 師範は俺を覚えていなかった。 それはそうだろう。 ま、かえって助かる。俺は一通り現場を確認して社に戻ろうと車に向かっていると、師範の話し声が聞こえてきた。 それにしてもあのカレーはうまかったなぁ〜 ん?カレー? 押忍、でも師範まずいっすよ…カレー食ってて遅刻したなんて… バカ、何チマチマした事言ってんだよー そんな事じゃ大した人間になれないんだよー どっしり構えろ! せっかくうまいカ
    ハバネロベッパーさん作 [329]
  • 空手道 佐山塾9

    道場だった建物はそのままだった。 ふと見ると壁にポスターが貼られていた。 それには、師範ではなく、若い道場生がハイキックを決めている写真が使われていた。 この顔… あ…少年部の… それは当時少年部で一番目立っていた阿南君だった。 そうか…阿南君も今はもう大人だ… 当然だろう。 あの日からもう15年だ… 阿南君も25くらいか? どうやら指導員になっているらしい。 道場は同じ中央線の別の駅に移転したと
    ハバネロベッパーさん作 [359]
  • マンテツ〜当たり屋という生き方〜

    私の名前は清野 共。チャラ男、47歳。JR国鉄の社長をしている。        このお話は1998年まで遡る。話が膨大で尚且つ難解なので、年齢層もあえて絞らない。今日は10月14日。つまるところ鉄道の日。しかしこの日にこんな呪いの災難が降り懸かろうとは、、、、。昔々の事でした。ある所におじいさんがすんでいました。おじいさんは毎日の芝の刈り入れに飽き飽きしていたので、スポニチという、ちょっとHな広告
    Nothing mind Renelutionさん作 [258]
  • 空手道 佐山塾8

    何でいきなり組手なんだ? 俺は疑問だった。しかも、師範代とK先輩の二人だけ もしかして…俺はかっな想像を巡らせた。 師範の発言を裏付ける為に、お前はやっぱりどうにもならねーんだよ!と思い知らせる為に師範代が仕組んだのではないか… そんな事を俺は考えた。 道場生全員が壁際に並んだ。 人垣を作ってクッションの代わりをするためだ。 何かの拍子に壁に激突するのを防ぐのだ。 審判は師範自らがつとめた。 互い
    ハバネロペッパーさん作 [254]
  • 空手道 佐山塾7

    お前今来たのか? 押忍!何か? いやいい。 あれ!? 先輩今の今まで… 大丈夫っす、聞いてないっす! 師範代の声が聞こえてきた。あ、そか… 先輩は師範に嫌な思いをさせないように配慮したんだ… で、わざわざ外へ出て… 凄すぎる… こんな配慮出来るなんて… 自分をボロクソ言われてんのに… もしかして本物のサムライって先輩のような人間達だったのかもしれない… 俺は素直に感動した 石山先輩達が呼ばれて更衣
    ハバネロペッパーさん作 [260]
  • 空手道 佐山塾6

    俺は正直頭を殴られた気分だった。 俺にこんな思考回路はない。いつもムカつくだのなめんなだの、単純バカだった。 師範代にもムカつくしかなかった。 てっきりK先輩もそうだと決めつけていた。 が、全く違った。 このときから俺の中で何かがガタンと音を立てて変わった。 それまでは適当がモットーだった。 別に無理する必要ねーぢゃん…と。 俺は恥ずかしかった。 チンケな自分を抹殺したかった。 次の日から俺はまと
    ハバネロペッパーさん作 [267]
  • 空手道 佐山塾5

    都丸君は僕がブロック割ってっていった時、手で割るって思ったから無理っていったんだよね? あ、そーっすね… でも僕は割方の指示はしてないよね? だから、手で割ろうと足で割ろうとハンマーで割ろうとよい訳だよね。 人は自分の知識や経験、視野をどこかで完璧って思いこんでるんだよ。 だからとっさに、そんな事無理って決めつけるんだよね。 でもさ、完璧なんてあり得ないんだよ。 この世には碩学なんて言われる人がい
    ハバネロペッパーさん作 [230]
  • 空手道 佐山塾4

    運動大嫌い 面倒な事大嫌い 束縛大嫌い な俺が、なんやかや始めた空手 道着何て物も、大枚はたいて買ったりして 筋肉痛に苦しみながら、毎日毎日稽古に励むようになった。 何でかな? ま、いいか ともかく稽古についていくだけで必死息はあがりまくるし足は上がらないし フラフラ… それでもK先輩のハイキックに憧れて、あのハイキックを俺も!みたいな気持ち夢のまた夢だけど 入門からひと月程した時、K先輩やその同
    ハバネロペッパーさん作 [279]
  • 空手道 佐山塾3

    おい藤原! うちの一番のエリートのお前がそんなバカ凄いなんて何言ってんだよ! バカはバカなんだからよ! アゴがまたほざいた。 いや‥師範代… 藤原先輩が言いかけた時 K!こっち来いよ!呑もうぜ! と、誰かが怒鳴った。 見ると国広先輩だった。 この国広先輩は身長160ちょっと小柄だがそのファイティングスピリッツはすざまじかった。 アゴ師範代は185越えの大男 だが国広先輩はスパーリングで一歩も引けを
    ハバネロペッパーさん作 [224]
  • 空手道 佐山塾 ?

    K先輩は特段目立つ存在ではなかった。 黒帯ですらない、黄色帯だった。 ただ、左のハイキックがすこぶる華麗でパワフルだった。 黒帯の先輩達も一目置いていた。 俺の初稽古の日も、見本として指導員の黒帯の先輩が、K先輩のハイキックを道場生に解説していた程だ。こんなハイキック俺も蹴れたらなぁ… 単純にそう思った。 が、それだけでK先輩に興味が湧いた訳ではない。 偶然その夜は親睦会が道場で開かれたのだ。 俺
    ハバネロペッパーさん作 [249]
 

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス