携帯小説!(PC版)

トップページ >> 詩・短歌・俳句の一覧

詩・短歌・俳句の携帯小説に含まれる記事が7355件見つかりました。

 
  • 心身症

    愛しているわ心からあなたがいないとあなたが現れないと不安なの寂しいのイライラするの泣きたくなるの愛しているわ心からあなたが何かも分からずに
    じん子さん作 [59]
  • あまり立派では、分不相応

    分相応で行こうその人はその人の運命がある昔の様に、へらへら行こうじゃないかどうせ大した人生じゃなかった変に立派は可笑しいある落語かが、「落語が許容範囲が大きいのは、どんなダメ人間でも、結局、笑えればOKなんだ。そうすれば、どんなダメな奴でも生きていてもOK何だ。」そうして、あるロック歌手は、「そいつがかっちょ良い、と思えれば良いんだ。許容範囲が大きいんだ。俺みたいな者でも、生きいて良い、って思えた
    カオルさん作 [125]
  • 運命

    もう逆らわないよどう兄貴に扱われても、悲しい運命の自分は、この兄貴の扱い通りに生きて行くしかないどんなに兄貴の家族から、理不尽な目にあったって、国から人権を取り上げられて、酷い病を繰り返して、のたうち回って殺されて行こうとも、抗えない、丸太の様になすがまま。それが、日本のやり方。ホロコースト。だけど、なすがまま…どうしようも無い
    迪加さん作 [125]
  • 良い子に成りたい

    笑われても良い可愛いがわれたい都合の良い人、と嘲笑されても良いもう抵抗・反抗は疲れた恭順の意を示して惨めに死にたいそういう人もいるんだ医療用のモルモットみたいな彼らはニュース等で色々な残忍な実験の被験をさせられるが、人間の医療の為だからと同情はされない。当然の出来事として、彼らの肉体の痛みや精神の痛みは無視される。せめて、亡くなった時は感謝されるのか?ちゃんと埋葬されるのか?誰も知らないし、気にも
    幸加さん作 [134]
  • ロボットになりたい

    ロボットになりたいどんなシステムでも、難なく乗っかりたい苦しまずに、ロボットの様に柔軟に対応出来たら楽だだけど、今のままでは、対応出来ないロボットになりたい何も感じずに、無感動に楽に行きたいそして、死ぬ方向へ進んで行く時も、何も感じずに逝きたい何の不安も感じずに、ただシステムに乗っかって、無感動に楽に死にたい
    幸加さん作 [132]
  • 今日も冷たい風が吹く

    愛が大切!そう叫びながら震える手を振りほどく人達
    幸加さん作 [121]
  • 無名戦士

    無名戦士になろう自分自身の人生に対しての無名戦士の墓地を目指して 生きよう
    幸加さん作 [133]
  • 半端に育って責められた努力の跡は認められず流す涙は鮮血の色
    幸加さん作 [154]
  • 子育て

    優しく厳しく育てれば自立へと向かう子に育ち甘くきつく育てれば自滅へと向かう子に育つ
    幸加さん作 [141]
  • 美しい国

    節子ばあちゃん節子ばあちゃんの楽しみは、町のカラオケ老人会に行く事だ今日も道端の草花を眺めながら、町内会館へと歩いて行くある日、会館へ行くと入り口に一枚の貼り紙がしてあった「建物の老朽化の為、来月から閉館します」びっくりして受け付けに訊ねると、来月から、区の中心街にある会館へ統合されるというしかし、そこまで歩いて通うには距離があり過ぎるバスで行こうにも、バス停が遠すぎる他の人達に聞いてみると、家族
    幸加さん作 [120]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス