携帯小説!(PC版)

トップページ >> 学園物の一覧

学園物の携帯小説に含まれる記事が838件見つかりました。

 
  • 二次オタ少女とリアル重視の友人! 第2話 〜亜加根の怒り〜

    午前8時。「ヤッター!亜加根ちゃんとおんなじくりゃしゅだあっ!」望奈は噛んだことは気にはしていなかった。「望奈、今噛んだよね、www」「あ、今日はコレで終わりかあ、(無視」「ムカッ」亜加根はキレた。「あ、ヤバ、(逃げるんだよー\(^o^)/」望奈は☆猛烈ダッシュ☆で逃げた。
    あいたんさん作 [145]
  • 二次オタ少女とリアル重視の友人!

    「ふっ、(ΦωΦ)フフフ…」少女はただ、パソコンを見つめ、笑っていた・・・・・。「ちょ、望奈(みな)、大丈夫・・・・・?」そして、その行動を心配する少女・・・・。「大丈夫だよ、亜加根(あかね)ちゃん。(ニコッ」望奈は亜加根を見てにっこりと笑った。そして望奈はパソコンを閉じ、立ち上がった。「じゃ、早くガッコー行こうよ、亜加根ちゃん!今日は記念すべき高校生活の初日なんだからさっ!」「・・・、そーだな、
    あいたんさん作 [162]
  • 初恋

    初めてまして私は姫宮〇〇と言います今日.私は初恋をしました!!!その相手は高3のイケメンアイドル...岩田 剛典君と今市隆二君です!!!私は隆二君の事が好きで剛君には.いつも相談に乗ってもらってます!!!
    かずちんさん作 [258]
  • 秘密が、花園

     今ではかび臭いだけの理科実験室の中に、密やかな楽園があった。 この世界の、片隅に。 夕刻が終わる前の、ひとときに。 秋の叙情に紛れてしまった思い出があった。 永遠とも呼べる刹那があった。 ……。 私と貴女は、フラスコの奥底に閉じ込められてしまったよう。 そう言う私を、貴女は鼻で冷たく笑う。 少し、綻んだ貴女の吐息は、ほのかにメンソ\ールの香り。 その、目も眩むような清洌さにむしろ、罪悪を覚えた私
    グルルルさん作 [335]
  • 絆 〜文化祭編〜

    『ピンポーン』来たっ!!『ガチャッ』「おはようございます!華憐さん!」「おはよう、咲衣。」朝7時、私の家に咲衣が来るそれは私と咲衣の普通になったそして、それは私の朝の楽しみでもある「咲衣、私少し考えたんだけど、こんなんどう?」「おっ!どんなんですか!!?」「♪〜♪♪♪〜♪〜♪〜♪♪〜」「ぉお〜!!!」そういって手をパチパチさせる咲衣…リスみたい「良いですね!私こういう系大好きです!」「咲衣も
    yuiさん作 [327]
  • 絆 〜文化祭編〜

    そんなこんなあって、今に至る。さて、「何とかしろよ、咲衣。」「ぇえ〜!何で私何ですか!?」「何でって咲衣がOKしたんだろが!!」「………そうですね…」自業自得だ。つっても…「アイツが生徒会長だとはな…」大丈夫かな?…この学校「アイツじゃないよ〜結李空(ユリア)だよ〜!」げっっ「こんにちは〜!咲衣ちゃん、華憐ちゃん……何か怒ってる?」『ストンッ』「さりげなく隣に座るなオイ。」「結李空さんって言うんで
    yuiさん作 [282]
  • 絆 〜文化祭編〜

    「華憐さん!お願い!」「嫌。」即答。素晴らしい速さだ、私。『スタスタ』さぁ歩け、私。同情なんていらないのだ『ガシッッ』ぇ…「そこをどうにかさ〜!お願いだよ、私だってしたくてしてるんじゃないんだよ…!!!……生徒会長が………!このとーりだからさ……!!」そういって頭を下げる誰かさんしかーし、そんなもんに負けるほど私は馬鹿じゃない!!「嫌なもんは嫌なんだよ!!ぜってーヤd「いいですよ!!」え?」は…
    yuiさん作 [294]
  • 絆 〜yuiから〜

    絆、完結しました!最後まで目を通してくださった方々、本当にありがとうございます!また、一時期更新遅れてしまい、すいませんでした。さて、このストーリーはいじめ、友達を軸にして書いています。貴方は、このストーリーを読んで、どう思いましたか?皆さんの常識ではいじめ=いけない事、でしょう。それは間違ってなんかいません。では、いじめを見たときどうしましたか?私、yuiはいじめにあっています。別に殴られたとか
    yuiさん作 [282]
  • 絆 〜15話〜

    あれから、一年が経った。華憐さんはあれからずっと寝たきりでげっそりと痩せた華憐さんの自殺するところは全国に放送されて華憐さんのした事は素晴らしい事だと大好評華憐さんをいじめている人達は捕まっていじめは急激に少なくなったそう良い事続きだけど私の世界は砂漠に咲いていた一本の花が枯れてしまったようで私の心はぽっかりと空いて「華憐さん…ッッ!!」ただ泣く事しか出来なくて「私……何で生きてんだろ……」何で華
    yuiさん作 [313]
  • 絆 〜14話〜

    「私の心友をいじめさせるかァ!!!!!」「!!!!!」私の声が響く息を殺している、とはまさにこの事だろうもう、やり残した事はない……死のうそう思って足を浮かせた−−−−その時、「華ッッハアッ……華憐さん!!!」「え……!!?」「お願い……死なないで…死なないでください!!!」そう叫んだ咲衣の顔は酷くぐしゃぐしゃで、酷く綺麗で………「私……まだ華憐さんとやりたい事沢山あります!!喋りたい事沢山ありま
    yuiさん作 [269]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス