携帯小説!(PC版)

トップページ >> 学園物の一覧

学園物の携帯小説に含まれる記事が836件見つかりました。

 
  • 表の顔はお嬢様!裏の顔は…?5

    雅は拓也の家に連れていかれた。拓也「西園寺。どういうことだ?さっきのあの言葉。説明しろ!」雅「あら。私の本当の顔よ。それがどうかしましたか?」雅はそういうと、帰ってしまった。その後、玄関のチャイムを鳴らす音がした。拓也が開けるとそこには絵里香がいた。絵里香「拓也さん。紅茶に最適な物が揃いましたので、お茶をしたくて。駄目ですか?私、拓也さんとお茶がしたいんです。」
    ひびりんさん作 [476]
  • 表の顔はお嬢様!裏の顔は…?4

    拓也「……!西園寺…?」雅はニコッと笑って、ノートに書いた。先生「よし!授業終わり!」ザワザワ。拓也は沢山の女子生徒に囲まれた。「ねぇ、海老名さん。私とあ・そ・ば・な・い?私の家に来て〜!私の名前は、絵里香って言うの。可愛いでしょ。彼氏にしても良いわよ。」絵里香はパチン!とウインクして色っぽい顔をした。拓也「はあ!?誰がこんなブスの家に行くんだよ!ばっかじゃねーの?」するとそこに、雅が通った。拓也
    ひびりんさん作 [420]
  • 表の顔お嬢様!裏の顔は…?3

    拓也「くそっ!」なんで、俺はこんなに悔しがってんだ?別にあいつの事、好き…でもないのに…そして、俺はずっと学園にいる間保健室にいた。ある日、保健室の先生が拓也に言った。保健「拓也君!歩いてごらん!」俺は言われた通りに歩いてみた。拓也「嘘だろ…治った!」保健室の先生は笑顔で喜んだ。保健「良かったわね〜じゃあ、教室に戻りなさい。」ああ、そうだった。これで、西園寺を助けられる。拓也は急いで、教室に戻った
    ひびりんさん作 [475]
  • 表の顔はお嬢様!裏の顔は…?2

    なんと、雅の後ろに不良っぽい奴らが雅を捕まえようとした。拓也の声に雅が振り返ろうとした時!不良が雅を羽交い締めにして体育館に連れていった。拓也が後を追いかけようとしたが、いつの間にかいたのか、不良の仲間が拓也の足をバットで、叩きつけた。拓也「ぐっ!」拓也は足の痛みに意識が薄れていった。「拓也君!拓也君!」拓也「ん?」拓也が目を覚ました所は、保健室だった。拓也ははっ!として、ベッドから下りようとした
    ひびりんさん作 [425]
  • 表の顔はお嬢様!裏の顔は…?1

    先生1「今日から一緒に勉強する拓也だ。皆、仲良くするんだぞ。」拓也「海老名拓也。よろしく。」ヒソヒソ。女子1「なんか感じ悪〜い。だけど、ツンデレなのかな。カッコイイ。」女子2「ああ。そうだね。あの子狙っちゃおうかな。」あ〜あ。また同じだ。まったく、うぜー。先生1「席はな…そうだ!雅の隣だ!彼女は生徒会長だから、色々教えてもらうといいぞ。じゃあ、授業を始める。」あら。こちらに向かってくるのは転校生か
    ひびりんさん作 [451]
  • 青春群像「姫乃木高校演劇部〜夢咲く乙女達〜」2

    現・部長の葵も、茜と同じく宝塚歌劇に魅了されて演劇の世界に足を踏み入れた少女だった。娘役を目指している茜に対して、男役に憧れていた葵は、170センチの長身を生かし、毎回最高の男装を見事に演じていた。そんな葵のファンクラブも出来ている。「今回の衣装のデザイン出来たよ」 家庭科部と掛け持ちをしている衣装担当の今沢 真琴(いまざわ まこと)がスケッチブックを机の上に広げた。「今回は、戦争中の話だから、
    柊翔さん作 [461]
  • 青春群像「姫乃木高校演劇部〜夢咲く乙女達〜」1

    郊外にある、姫乃木高等学校。校庭の木で、うるさい程セミが鳴いてる八月半ば。「あ・え・い・う・え・お・あ・お」 「か・け・き・く・け・こ・か・こ」 知る人ぞ知る、知らない人は知らない…。当たり前だが…。そんな発声練習が、校舎内に響く。「あめんぼ赤いな、あいうえお。浮きもに子海老も泳いでる」「柿の木栗の木、かきくけこ。梅の実落ちても見もしまい」 昔は(作者談・笑)僕もよくやりました。 演劇部は、女子
    柊翔さん作 [459]
  • オレののんきな実話学園物語

    どもども!由奈だよ!きょーからオレとオレのクラスや親友達の毎日日記?だょ?まずわ、登場キャラをごしょーかいっ?主人公→由奈親友→まどか・オレの初めて友達とよべるようになった人物?なおかつよき理解者?親友→みさき・オレのよき理解者?クラスの仲良いヤツ?杏→なんとゆーか、落ち着きのない子??1組の仲良いヤツ?みさき・まどか泰広→こいつに片思い中?優しいから?しゅうと→優しい優しい オレの理解者?まさと
    由奈さん作 [524]
  • レフィーナ?スクール

    現代は、4つの国に別れている。火:水:緑:風その中で、4つの魔法を使えるレフィーナという魔法使いが世界に1人だけいる。しかし、それは昔の話…。今は実際いるかどうかは良く分からない…。母)「さぁ、もう寝なさい。寝る時間よ。」みり)「ねぇー。お母さん。その続き教えてぇ〜。」母)「分からないの。さぁ、もう寝るよ。」みり)「はぁーい。」それから、やく6年後…みり)「お母さん。行って来ます。」母)「行ってら
    にゃおワンさん作 [674]
  • ある世界の片隅で…

    「もし、超能力がつかえたらお前らどうする?」「どんな能力かによる」「そんなものがあるのか!」「いや、ないし(汗)」「しかも、俺は非科学的なことはしんじないし」「それただ逃避しているだけ」「失礼な」「あ゛あ゛あ゛」「いやどうした!」「いやー、これ誰がなにいっとるかわからんなぁー。と、おもっただけだ」「声でわかるだろ(汗)」「うん、まーそだな」「頭おかしいのかww」「俺学年主席だから、そしてお前はビリ
    秋村よいしさん作 [584]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス