携帯小説!(PC版)

トップページ >> 学園物の一覧

学園物の携帯小説に含まれる記事が836件見つかりました。

 
  • マホー学校!

    マホー学校! 1 「く…あぁ〜あ…今日から二年か〜」あくびをしながら、俺こと、南宏樹が呟いた。「何言ってんのよ。もっとシャキッとしなさいよ、シャキッと」 そう言いながら、杏奈が俺の頭をひっぱたいた。「ったいな〜」菊地杏奈、俺の幼なじみだ。クリッとした目で、ショートカット、ペッタンコな胸が特徴のー「なんか急にあんたを殴りたくなったんだけど。」「気のせいだ
    さくらさん作 [855]
  • 1ページ(2)

    ペラペラ…ペラペラペラ…と、俺はマンガ『ワンピース』の最新刊を読んでいた。現代の漫画でワンピースを上回る漫画はないだろうと俺は思う。白ヒゲが認めた男、主人公のルフィには大きな夢がある。『海賊王に俺はなる!!』だ。俺も夢を持つなら、小さな夢より大きい夢を持ちたいもんだ。結局、本格的に勉強を始めたのは深夜の3時を過ぎてからになった。そう、俺はスロースターターなんだ。実際はやる気が全く起きなかっただけな
    Gークさん作 [742]
  • 1ページ

    『夢?ないなー』俺はヒカリの質問にそう答えた。『お前は何か夢あんの?』『あたし?あたしは25歳までに結婚して、幸せな家庭を持つのが夢!!』『はぁ、それって夢って言うのかよ』『夢よ!少しは私を見習って、夢持って毎日過ごしなさいよ(笑)』『うるせー(笑)』俺とヒカリは毎日こんな話をして学校の帰りを締めくくる。そんな平凡な毎日が大好きだ。『明日は英語と数学ね。やっとテストから解放されるわぁ。』ヒカリは欠
    Gークさん作 [744]
  • 美術4えばー☆

    放課後の学校は何故こうも賑やかなのかな。小さい小さい疑問を抱きながら早足で美術室へと向かう私を呼び止める声がした。「和叶!」高く澄んだ声だった。「舞季、今日は来るの早かったんだね。」「へっへーん、私だってやるときはやるんだよ!」舞季が胸をぐいっと反らしたとき、後ろから低めの声がした。「珍しく早く来たからって偉そうにするんじゃない!」「わっ、響希いたの?」「さっき来たばっかりだ。」なるほど、放課後が
    わかにゃんさん作 [734]
  • 非日常な日常

    ――春。新しいクラス。新しい環境。新しい友。そしてはじまる、非日常が――。チリリリリリン。「…んっ」けたたましく鳴る目覚まし時計を手探りで止める。それは毎朝行われる儀式じみた動作。でも今日は不思議と苦痛には感じなかった。それは何故か…。それは新二年生最初の朝。そして同時に妹の入学式である。これからは同じ学校に通うことになる。いやがおうにも気持ち新たになるものであろう。こんなに目覚めがいいのはいつ
    佐倉 さん作 [936]
  • 〜イチニチ〜

    4月6日金曜日10時30分電車に揺らされながら大学の入学式に向かってる何気ない話を友達としながら30分日本武道館に着いた東京はこれで2回目とか思いながら階段の長い道のりを超えると大きな建物が見えてきた入学式が終わるとその後何かする予定もないので帰ろうと財布を見たら300円しかなかった帰りの電車賃は7駅で560円…帰れないと焦ったが友達に千円借りてやり過ごした自分が大学に進学するなんてあまり考えて
    Loogu さん作 [716]
  • enjoydays!第3話

    ―――第3章―――★翌日 学校の帰り道★ 今は秋真っ盛り!スポーツ、芸術、読書…「焼きイモ、松茸、ぶどう…」「食べ物ばっかじゃん(笑)」はい。そうです、只今、秋をエンジョイしてますっ今日は部活の帰り。こんなに遅くなっちゃった。ちなみにソフトテニス。こんなときだけラケットが重〜く感じる…(泣)「疲れた―\nわーわーわー!!!」 水紀が騒ぎ始める。「水紀!?正気になって〜(泣)」と優希。10分が過ぎ
    雛菊 さん作 [785]
  • enjoydays!

    ―――第2話―――★2-A教室★授業が始まった。 なんでだろう。体中がポカポカ。っていうかやかんみたい。「優希!?顔 赤いよ!大丈夫!?って熱あるじゃん!!」へ??熱ぅ??「へ…へーきへーきっ。私、体 丈夫な方だし…ふへ〜」ぐったり。だるい。あんな見栄(?)はったけど本当のとこはしんどい。ふぅ〜「優希…って優希!?しっかりしてっ!!優希!!……あ!!センセー、優希が熱で倒れました!!!!!保健室
    雛菊 さん作 [749]
  • enjoydays!第1話

    ―――第1話――― いつもどおりの朝、いつもどおりの登校。そんな毎日をおくる少女。★学校★「優紀―、おはよー」「あ、水希 おはよ」水希とは幼なじみの元気少女だ。下校もいっしょ、班もいっしょのなんだ。「ねぇねぇ、もう学年別テストの結果貼りだされてるよ!見に行こーよっ」★学校・2階廊下★ざわざわ。皆が喋りまくってる。「優希!また学年トップだって!」また…「やっぱり優等生はひと味違うね!!いいなぁ…
    雛菊 さん作 [874]
  • さんちゃんビーバップ時代

    僕はビーバップ時代より少し上になる※大学時代にビーバップの連載が始まったしかし今でこそ意気がって生きてるが(笑)そりゃ高校時代の怖い方々は本気で怖かったそれこそ喧嘩になりゃあ見境なしって方々ばかりだったこちとらコトはしたいし※ケガはしたくない問題起こしたらクラブのコーチに殴られるので揉め事は避けたかったしかし女の子連れの時に絡まれたら避けようがない…当時は毎日地獄の練習で鍛えられてきたので体力に
    さんちゃん さん作 [998]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス