携帯小説!(PC版)

トップページ >> スポーツの一覧

スポーツの携帯小説に含まれる記事が746件見つかりました。

 
  • 騎手・那口小夜の夢と現実と日常 5

    土曜日、時刻は10時30分。遊佐競馬場は、第3競走に出走する10頭が、パドックを周回しています。ドラムンベースは1番の白いゼッケンを鞍のところに着け、町田さんを引っ張る様にして、勢いよく歩いてます。このレース、専門紙の「勝馬ニュース」によると、4人の記者の予想の中で、7番のディアフレンドに、二重丸の印が3つ付いていて、調教師のコメントも{このクラスは通過点。今回も期待したい。}とあり、寸評欄にも
    亜希 さん作 [748]
  • 騎手・那口小夜の夢と現実と日常 4

    スヤスヤと寝息をたてて眠っていた小夜は、土曜日の朝、7時に競馬場の傍の宿舎で目を覚ましました。でも、昨晩は遅くまで、チョコチップクッキーをパクパク食べながら、夜更かししてテレビのバラエティー番組をを見ていたので、なんだかまだまだ眠そうです。眼を左手でごしごしこする小夜( ̄_ ̄)今日の第2レース「C級7組」、芝1000メートル戦に、ドラムンベースに騎乗します。ちなみに今日はこの1鞍だけです( ̄_ ̄
    亜希 さん作 [763]
  • ベースボール・ラプソディ No.54

     八雲を見る大澤は、あらため考えていた。 真壁八雲という男の本質を。 相手を深く理解し、まっすぐに接するからこそ、あの男は人を引き付けるのではないかと。 数ヶ月前までは孤独の中にいた大澤が今この場にいるのも、八雲だけがその孤独を理解し、正面からぶつかってきたからこそなのだから。「自分は急ぎすぎているのかもしれません。 ブランクがある大澤さんや八雲の事を考えるなら、無理に勝ち進むよりも来年の事を考
    水無月密 さん作 [799]
  • 騎手・那口小夜の夢と現実と日常 3

    土曜日になりました。今日と明日は遊佐競馬が開催されます(^_^)それでは、今日は私、遊佐競馬広報担当の荒川が、競馬場の中を詳しくご案内しますね(^0^)/当競馬場は、芝コースとダートコースがあって、右回りで一周1500メートルで、直線は310メートルです。観客席は、去年全面改装してとても綺麗です(^_^)1階の屋外にある一般席、2階は、冷暖房完備の屋内一般席、3階には、1席1500円の特別観覧席
    亜希 さん作 [750]
  • CROSS DRIVE63[龍がごときチーム]

    試合当日、夏休み終盤ではあるが相変わらず暑さが募る中、龍洋大付属のメンバーは西条へと到着していた「今日もくそ暑いな。」キャプテンの牧沢は体育館に来るや、暑さに文句を放っていた。「しゃあないっすよ。今日は牧沢さんの因縁の試合になるはずっすから。」エースの東堂の言葉に、牧沢は鉄拳を食らわす。「うるせぇ!まっ、奴らをぶっ倒すことに変わりはないがな。」牧沢の目は鋭くなった。一方、西条バスケ部は、新しく作
    籠球? さん作 [793]
  • 騎手・那口小夜の夢と現実と日常 2

    金曜日の午前中、小夜は、転入馬の能力試験を何頭か終えたあと、厩舎の中で、紅茶を飲みながらつろいでいました。明日、遊佐競馬の第3競走、C2クラス8組9組、芝1500メートルのレースに、ドラムンベースでレースに出走する小夜。小夜のレース中に着る勝負服は「桃、胴白星散らし」、よーするにピンク色の服の上に白い星印が胸に5つ、背中にも5つ、っていうデザインです。小夜いわく「お気に入りのデザイン(^^)」と
    亜希 さん作 [733]
  • ベースボール・ラプソディ No.53

    「どうだった?」 戻ってきた哲哉に、大澤が問いかけた。「駄目でした、話を切り出すことすらできませんでしたよ」 哲哉がかぶりを振ると、大澤は残念そうに息をついた。「…そうか、あの運動神経ならば、野球の経験がなくても戦力として期待できそうだったんだがな」 大澤はそういって須藤に視線をむけた。 哲哉が八雲達のところへ足をはこんだのは、須藤の勧誘が目的であった。 初戦を無難に終えたものの、控えの選手が一
    水無月密 さん作 [777]
  • 騎手・那口小夜の夢と現実と日常 1

    えー、1人の女性騎手をご紹介します。名前は那口小夜(なぐちさよ)、21歳です(^0^)/身長は150cm、体重は…。えー、とっても軽いです。見た目は、声優で歌手の「堀江由衣」さんに似ていると言われる事があるとの事。でも小夜は…「10歳以上年上の人と似ていると言われても…ちょっと微妙だょ(・_・)」まぁ、そう言えばそうなんですが…。詳しくは皆さんのご想像にお任せします。デビューして2年とちょっと。
    亜希 さん作 [753]
  • CROSS DRIVE62[全てをぶつけること?]

    その頃、修司と蓮悟はランニングの休憩がてらに公園で休んでいた。「うーむ。マツが今日はバイトとはな」「あいつはあいつで、毎朝欠かさずシュート打ってるから心配はいらないだろ」修司は空を見つめながらベンチに寝転んだ。「レン、オレたちはまだまだ未熟だ。だからこそ、精一杯やろうぜ・・」「当たり前だ。行こうぜ」そう言って立ち上がり、再びはしりだした。一方、大和と拓海は部室で作戦を練っていた。「龍洋大付属は、
    籠球? さん作 [765]
  • CROSS DRIVE61[全てをぶつけること]

    桜から試合について聞いたメンバーは、それぞれが練習に励んでいた。翔人はひたすらにドライブの練習をしていた。「はぁはぁ・・・やっぱ鋭いドライブは難しいな。」翔人がそうつぶやいていると、亮介が翔人の前に立った。「ドライブは甘いものやないで。やるからには、相当の練習量が必要や。」ポジションが変更されたばかりの翔人にとって、鋭いドライブは簡単にはできないと翔人自身は強く感じていた。「そんな暗い顔せんでも
    籠球? さん作 [768]
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス