携帯小説!(PC版)

トップページ >> その他 >> ループ 第2話

ループ 第2話

[7738]  管理人  2004-10-27投稿
 誰か後をついてきている。
 音がするとか、気配がするというものではなく、確信だった。
 誰か後をついてくる。振り向いて姿を確認することは、何か悪いことが起こるきっかけになることはわかっていたから、振り向けなかった。
「あ、あ、あ、あの……。」
 僕は部屋に駆け込んだ。
「ま、ま、まってくださささいいよ。よ。」
 悪いことに、僕の部屋のドアにはカギが付いていない。ノブを押さえ、開かないよう固定する。
「わ、わ、わ、わるいやつじゃないですよ。よ。あけて、てて、くださいよ。よ。」
 ドアががたがたと音を立てる。ドアを開けようとしているみたいだ。開かないようにドアを押さえる。
「な、な、な、ぜななんですか。な、な、な、なにもしないですすよ。わかりますか、か、わるいことなんててししませせせんよ」
 興奮しているようだ。激しくドアががたがた音を立てる。
「そこで話しなさい」
「な、な、なゼですカ。カ。カ。わるいやつじゃナいんでですすよ。ヨ。よ。」
 がたがたがたがた。

感想

感想はありません。

「 管理人 」の携帯小説

その他の新着携帯小説

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス