携帯小説!(PC版)

トップページ >> 公募投稿作品 >> 闇の蝶「闇の蝶見参!」3(再投稿)

闇の蝶「闇の蝶見参!」3(再投稿)

[559] 柊翔 2012-03-25投稿
夕暮れ時のオフィス街。
それぞれのビルに就業の動きが見られる。

「終わったぁ!」

5時から男ならぬ、5時から女。

「…こら芝野。頼んでおいた明日の朝一から会議で使う資料、コピーしておいてくれたのか?」

課長の谷川が有希を呼び止めた。

「課長。私を誰だと思ってるんですか?もちろん…」

「…まだなんだろ?」

「はい!」

元気な返事をする有希。
「馬鹿もん!お前に頼む事だと考えて朝から頼んでおいたのに」

「…あの…。明日の朝から…」

「…馬鹿もん!朝一で使う資料を、朝に作ってどうする!すぐにコピーしてくるんだ!」

「でも、あんみつが…」

「…そんな事知るか!」


資料室でコピーをする…OL三人組。

「…て、言うか…。何で私と友子がこんな所でコピーしてるの!」

「後輩思いの先輩方に感謝してますですはい」

「どうだか…。はい、これで最後よ」

「おありがとうございます松下様」

秀美が差し出した書類を、賞状を受けとる楊に受け取る有希。

完成した書類を谷川のデスクに投げ出し、三人は会社を出た。

感想

感想はありません。

「柊翔」の携帯小説

公募投稿作品の新着携帯小説

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス