携帯小説!(PC版)

トップページ >> コメディ >> ありえね〜【渋滞編】

ありえね〜【渋滞編】

[702]  2012-05-18投稿
高速道路

男「やっぱ大型連休は車が多いなぁ」

渋滞で停車

男「あ〜あ止まっちゃったよ」

男「ん?」

前で停車している車に異変が
ウィーン、ウィーン

タイヤが車体に格納されていく

激しく砂煙が舞う

ズバッ!ズバッ!
翼が出現

ヒュイー――――ン!

上空高く飛びさっていった


男「......なんだ、飛べるんだったら最初からそうしろよ....」

男「...なぬ?飛ぶだぁ―――――――っ!!!」

そして更にその前方の車両、後方の車両も次々にトランスフォームして飛び去って行く
そして道路上には男の車だけが残された

放心状態の男
助手席の彼女に話しかける

男「...なあ、いま、西暦何年だっけ?」

彼女「...わかんない....」


男「はやく戻らないと..」

感想

感想はありません。

「真」の携帯小説

コメディの新着携帯小説

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス