携帯小説!(PC版)

トップページ >> 学園物 >> 絆 〜12話〜

絆 〜12話〜

[504] yui 2014-02-19投稿
『…憐……』


誰…?


『華……憐……』


誰なの?


『華憐……』



この声………お母さん…?


『華憐。』

お母さん!!

どうして……


『華憐、お母さんね、ずっと見てたよ。』

!!!?


『……………頑張ったね…華憐、頑張ったね…』






『でもね、華憐。咲衣ちゃんの事まだ助けてないよ。』


?お母さん、違うよ。私、助けたよ?

助けたから、こうなったんだよ?


『じゃあ、華憐は満足してる?咲衣ちゃんを助けてこうなったんなら、この結果に満足してる?』


…………してない…



してないよ、してるわけないよ。
私、咲衣の笑顔見てないもん!!

『だよね。してるわけないよね。お母さんも見ててそう思ったよ。

だったら起きないと、華憐。』


でも、もうどうしたらいいのか分かんないよ。








私の見方、誰もいないもん!!!


………出来ないよ……






『本当にいない?何処かで華憐の見方してくれる人、居るかもしれないよ?』


居るはずないよ。

居るわけないよ!


だって、あんな事合ったんだよ!!?


お母さんはそこにいなかったから『咲衣ちゃんは?』ッッ!!?



『咲衣ちゃんは?』

それは………








『華憐、華憐は何処かで壁をつくっているんだよ。それがね、何枚もあるんだ。』


………え?




『壊しても壊しても壁はあってね、咲衣ちゃんは疲れてしまったんだよ。それで少しだけって休んだんだよ。』


お母さん…意味が分からないよ。

何を言ってるの?


『華憐はずっと壁を全部壊してくれるのを待ってたから、イライラした。爆発しちゃったんだ。それが、華憐、今の状態。』



……………


『華憐、自分で壊さないと駄目だよ。待ってるだけじゃ駄目だよ。どんな方法でも、壊さなきゃ。』




でも、でも、お母さん……


『大丈夫、大丈夫だよ。お母さんはずっと、華憐の見方だから。



だから、華憐。頑張って。ずっと見てるよ。』


あっ!!!待って!!!

お母さん!!待って!待って!!!






『ハッッ』


「はぁ、はぁ、はぁ」



病院………


「濡れてる……」


私は手でびしょびしょの頬を拭った。






『自分で壊さないと駄目だよ。』



「分かったよ。お母さん…」







壊すよ。自分で。


咲衣に本当の、心の底からの笑顔を見せるために。






頑張るよ。












どんな方法でも、この壁を……

感想

感想はありません。

「yui」の携帯小説

学園物の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス