携帯小説!(PC版)

トップページ >> 詩・短歌・俳句 >> 自信不過信の憂鬱姫

自信不過信の憂鬱姫

[433] 無言の三原色 2014-06-24投稿

ふと、不安になる時があるんだ
精一杯今日を生きて
駆け抜けて来たけど
本当は何ひとつ
手にしてないんじゃないかと
本当は何処へも
進んではいないんじゃないかと

本当は私は空っぽなんじゃないかと

私のこの達成感は偽物で
私のこの自己評価は奢りで
私のこの言動は自己満で

何かを成し遂げ、得たと
そう、誰かに錯覚させられてる

そんな風に思ってしまうんだ

考えすぎ?
嫌味ったらしい?
その通り?

不満があるわけじゃない
あるのは不安
底知れぬ不安

何があれば、何をすれば
私は楽になるの?
いつになったら安心できるの?

そんな憂鬱に浸っていたいだけ

感想

感想はありません。

「無言の三原色」の携帯小説

詩・短歌・俳句の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス