携帯小説!(PC版)

トップページ >> 学園物 >> 秘密が、花園

秘密が、花園

[705] グルルル 2014-09-03投稿
 今ではかび臭いだけの理科実験室の中に、密やかな楽園があった。
 この世界の、片隅に。
 夕刻が終わる前の、ひとときに。
 秋の叙情に紛れてしまった思い出があった。
 永遠とも呼べる刹那があった。
 ……。
 私と貴女は、フラスコの奥底に閉じ込められてしまったよう。
 そう言う私を、貴女は鼻で冷たく笑う。
 少し、綻んだ貴女の吐息は、ほのかにメンソ\ールの香り。
 その、目も眩むような清洌さにむしろ、罪悪を覚えた私は彼女を見つめる。
 横を向いた貴女の面差しを、消え去りゆく夏の面影をまとう儚なげ表\情を、私は覗きみる。
 そんな貴女は分からないのだろう、と私は思う。
 私のことなど。
 ここに残される哀れな被害者のことなど。
 何もかもを振り切って、綺麗な身のままで、どかか遠くへ行ってしまう貴女。 別れなど、何の意味もないと、うそぶく貴女。
 私には、それが、酷く、たまらなく……。
 ……。
 目覚めれば、冬。
 冷たいリノリウムの反射光で、我に返った私は一人で立ち尽くしていた。
 あの楽園がかつてあった場所の、扉の前に。
 でも、主が失なわれたこの場所が私に開かれることはもう、ない。

感想

感想はありません。

「グルルル」の携帯小説

学園物の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス