携帯小説!(PC版)

トップページ >> ホラー >> 4時半の激痛…。

4時半の激痛…。

[872] キユデヒ 2014-09-06投稿
大学に入り、初めての一人暮らしを始めた。
1LDKで家賃3万2千円!
これで快適な生活が送れると信じていた…。
その日は疲れて荷物も片付けずに寝てしまった
次の日、買い出しをして部屋を掃除して
寝床を決めて…と、忙しくしていた。
眠くなり、敷いたばかりの布団に寝た。

イテっ!突然、お腹が痛くなった!
なんだ?お腹を壊したような痛みではなく
撲られたような、蹴られたような…。
暫くすると治まりまた、寝る…。
それが一週間続いた…。
病院に行くがどこも悪くないと医者はいう…。

おかしいな…また、不思議な事にも気づいた。
いつも、決まった時間、朝の4時半に
腹痛が起きるのだ!

この話を先輩にしていたら
どこのアパート?と聞かれたから、すべてを
話した。
よくよく聞いて見ると、そのアパートで自殺が
あり、僕が寝ている場所に亡くなったあと
重みで落ちて倒れていたようだ…。

僕は亡くなった方の身体を腹部に毎日受けて
いたのだろうか…。
その部屋を引っ越したのは翌日の事だ…。

感想

感想はありません。

「キユデヒ」の携帯小説

ホラーの新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス