携帯小説!(PC版)

トップページ >> ホラー >> あのこがほしい

あのこがほしい

[913] 龍アン 2014-09-10投稿
あのこがほしい

このこはいらない

あのこがほしい


そうだんしよう♪

そうしよう…


一番いらないのは…


桐島御嘉の実家の裏から生暖かい風が吹いた。
遠くからも近くからも激しい蝉の声がなりやまない。目に映るのは荒々しい緑の木々。点在する民家はそれぞれ立派ではある。
昼の暑さは尋常ではない。だが空気の澄み具合が嫌な感じを残さない。
朝六時。
台所からの生活音。
トントントン…
ジャージャー…何かを焼いてる。野菜とお肉を焼いてるのか。
同時に優しい香りの御味噌汁の匂いがする。
食卓に運ばれる朝ご飯は彩り素晴らしく美味しそうである。

感想

  • 42428:で[2015-02-10]
  • 42429:失礼 続き物なのね 期待[2015-02-10]

「龍アン」の携帯小説

ホラーの新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス