携帯小説!(PC版)

トップページ >> 日記 >> 純粋とは幻想に過ぎない

純粋とは幻想に過ぎない

[639] グルルル 2014-09-19投稿
 これは、確認なのだけれど、純粋さは幻想だ。

 「自分は汚れている」「自分は不純だ」と感じてしまった人間に生じる思い込み。

 例えば、子ども。時に純粋さの象徴と扱われる彼らだが、彼ら自身は自分のことを純粋だとは決して思わない。

 彼らの笑顔に純粋さを感じるのは、それを見つめる私たちだ。

 私たちが「子ども」というものを、勝手に何か高尚なものと位置づけ、名づけてるにすぎない。

 子どもだって「自らの利益のために」打算的な笑顔を浮かべているのに。

 赤ちゃんが笑顔を浮かべるのだって、そうしとけば周りが自分の世話をしてくれるから、という生存本能から来るものかもしれないのだ。

 例えが悪かった気もするけれど、ともかく現実には「純粋」と呼べるものはない。

 あるとすれば、ある個体の頭の中で、あるものの多くが捨象されて出来た何かだ。
 「汚れた」モノの、自身の一回性の存在の中にある、不可逆な(拭い切れぬ)事実をもって価値づけられる何か。
 意図的でありながら無意識、作為的なのにもかかわらず、至って自然のものと思えてしまう何か。

 だからこそ、それに自覚的にならなくちゃいけないかも

感想

感想はありません。

「グルルル」の携帯小説

日記の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス