携帯小説!(PC版)

トップページ >> 恋愛 >> 好きということ。

好きということ。

[589] グルルル 2014-12-05投稿

「ねぇ、好きってどういうことだと思う? 」

「どしたの急に。変なもんでも食った? 」

「答えてよ〜」

「……えー、あ〜、うーん。……相手の一部になりたい、もしくは自分の一部にしたいってことじゃない? しらんけど」

「それってどゆこと?」

「えっと、だからさ。例えば相手の男がカッコ良かったり、頭が良かったりして優良物件だったとしたらさ、そういう相手を自分の物に出来たら自分の価値とか実力を示せるじゃん」

「つまり、自分の一部にしたい人は所有欲とか讚美とかを得られそうな予感から好きって思う、ってこと?」
「そんな感じ」

「だったら、相手の一部になりたい人は?」

「ん〜、素晴らしいと思う人の一部になることで自分の価値が上がると考えるってことかな」

「………なんか、打算的で夢が無さすぎ〜」

「んな言われても、私はしらんし。恋愛経験がない奴に聞くのが間違ってる」

「まぁ、そうだったかも」
「納得されんのも、それはそれで……」

「じゃあさ、愛は?」

「……あぃ? えと、相手の求めに全力で答える?」
「それは普通なんだ」

「……じゃあ多分さっきのも言い方の問題なんじゃね」

感想

感想はありません。

「グルルル」の携帯小説

恋愛の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス