携帯小説!(PC版)

トップページ >> 恋愛 >> 愛してる

愛してる

[571] グルルル 2015-02-26投稿
 いつも言葉だけが空回りする。
口からでた感情は、いつだって驚くほど滑らかに飛び出していく。まるで判子のように、初めから押印できる形が決まってしまってるみたいに。自分の中にはその形しかないみたいに。

「愛してる」

 そう言われた時、この言葉はどれほど信じるに値するだろう。
 この事は多分、疑いや悩みを持ったことがない人には分からないに違いない。 いや、そういう人は分からないのではなく、理解したくないだけなのかもしれないけど。

 相手の挙動、言葉のタイミング……などなど、なけなしの経験に基づいて、その真意を勘ぐってみるけれど、いつも的中できた試しがない。感触を得たことがない。貴方を理解できたと喜びを得たことなど一度とない。

……だって、あまりにも不毛すぎて。

ああ、私は分かっている。貴方の言葉を疑いだした、その時からもう関係は破綻しているのだと。
貴方の言葉に騙されることに耐えられなくなった、そして、そのことに気付いてしまったのが終わりの始まりだったのだと。

だから、私はこう答える。
「ええ、私も。愛してる」
……そこには、きっと空白だけがある。けれど貴方はそれを知らない。

感想

感想はありません。

「グルルル」の携帯小説

恋愛の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス