携帯小説!(PC版)

トップページ >> 恋愛 >> 琥珀の夏を泳いで

琥珀の夏を泳いで

[273] 氷室燎子 2016-03-13投稿

学生時代、片想いしていた先生と同窓会で再会した時、先生が離婚していたら。

二十一歳の夏、

さびれた居酒屋で、

六年振りに私の片想いは始まった。

感想

感想はありません。

「氷室燎子」の携帯小説

恋愛の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス