携帯小説!(PC版)

トップページ >> ファンタジー >> 我が輩は未来から来たロボット型ぬこである。まだ名前は無い

我が輩は未来から来たロボット型ぬこである。まだ名前は無い

[190] 迪加 2016-08-20投稿
?
とにかくゲージだ。
いや、よく考えたら、先客がいるのだから、にゃあにゃあ鳴いてなついて、気に入って貰い、会場の中まで抱っこして連れて行って貰えば良いだけだ。
「何だ、意外と簡単だな。」

逆に手ぶらな人を探した。
いかにもペット好きな人…。
しかし、頭を撫で撫でされるだけで、それでサヨナラだ。
早くしないと、試合が終わってしまう。
半ば諦めていると、若いぽっかりした女の子が近づいて来て、抱っこしてくれた。
「しかし、この子は試合を見る気があるかな?」
しばらく抱き抱えられて居たが、そのまま試合会場とは別な方角へと歩き出してしまった。
「うーん、やはり思い通りには行かんね。」
そうして、何処に連れて行かれるか分からないから、余り遠くまで行くようなら、無理に振り切り降りて、帰らないとタイムマシンで未来へ帰れなくなってしまうので、注意が必要だ。
いつでも降りて逃げれる様に、警戒した。

?へ続く

感想

感想はありません。

「迪加」の携帯小説

ファンタジーの新着携帯小説

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス