携帯小説!(PC版)

トップページ >> 恋愛 >> 慣れ愛

慣れ愛

[265] 青木めぐみ 2016-11-08投稿
「野口さん。お昼御飯何にします?」
(…う〜ん、もう昼かぁ!よく寝たなぁ。)
我が家の一日の始まりは、こんな感じである。

精神疾患で療養中の私と、仕事は、新聞の夕刊配達の彼との
同居生活。

つまりは、ニアリーイコール、プータロー族の生活である。

私は、タバコは、嫌いだが、彼の方は朝から晩まで
スモーキンブギを演じている。

食費も苦しいのに、タバコ代少しは、節約すれば良いのに…。

でも、タバコだけはヤメラレナイらしい。

「私のこと、好き?」

訊いても、上の空で、ふかしながら、
「ああ…。」
それだけである。

出会った頃は、彼も私も、もう少し情熱的だった。

瞳を見つめ合い、手を握って、視線で会話を
したものである。

時の流れに身を任せていくと、日々の生活に
感動や、感激が薄れて行くのだろうか。

感想

感想はありません。

「青木めぐみ」の携帯小説

恋愛の新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス