携帯小説!(PC版)

トップページ >> ホラー >> また明日開ける

また明日開ける

[18] 夜風 2017-08-01投稿
ただ歩いているだけではこれで正しい道筋を行っているのか、それとも踏み外しているのかが分からない。
周りを見渡しても見慣れた風景が映るだけで何の変わったところはなかった。
「俺はきっと騙されてる…騙されているんだ。」
それは虫の羽音くらいの小ささできっとすれ違う人たちにも聞こえないほどだろう。
何かに怯えながらもただ進んでいくしかない道に着慣れたジャケットに顔を覆い何かを呟きながら歩いていく。

感想

感想はありません。

「夜風」の携帯小説

ホラーの新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス