携帯小説!(PC版)

DRAK-NESS 159

[103] ZAZA 2018-01-29投稿
破壊神…全て消し去る力を持つ者。アカシアに付けられた異名だが、目の前に広がる景色に驚く



アカシア「…奴は人間じゃない」



消し飛んだ所の中央に立つヴァレン。外見はかなりダメージを負ってる感じだが、笑っていた



ヴァレン「フフフ…実に素晴らしい!」



2本の滅罪剣がアカシアに斬り掛かる



アカシア「くっ!」



キン!キン!っと弾く音がする。この音は鍛え上げた強靭な肉体と全身を覆う能力者特有の膜があり、「能膜」と呼ばれている。この能膜は剣などの刃物、銃などの弾丸を通さない



ヴァレン「いつまで耐えられるかな!」



能膜は攻撃を受け続けると徐々に削られていく



アカシア(…限界か)



パリン!っとガラスが割れるように能膜が剥がれ落ち、2本の滅罪剣が迫る



アカシア「…ハァァァァァァァァァ!!!!!!」



長い銀髪に筋肉が盛り上がり、体が約2倍の大きさになる



能膜が復活し、「ガキン!」っと滅罪剣を受け止める


ヴァレン「その姿、実に美しいわ」



受け止めた滅罪剣をバン!っと弾き飛ばし、ヴァレンへ突撃する



アカシア「…フン!」



振りかぶった拳は、高速で目の前に戻って来た滅罪剣でガードするが、ガードの衝撃がヴァレン本体まで届くほどの威力だ



ヴァレン「さっきとは桁違いね」



バックステップ後、3回濃縮エネルギー弾を放って自身も走りだす



向かって来たエネルギー弾を真上に受け流し、アカシアに滅罪剣を水平に斬り掛かるが、アカシアは剣の動きを読み、体制を低くし足払いをする



アカシア「…フン!」



足払い後、ヴァレンの腹部にボディブローがヒットする。更に追加攻撃で拳を開きエネルギー弾を放つ



ヴァレン「かはぁ!」



高く上がったヴァレンの遥か上に先ほど受け流されたエネルギー弾が留まっていた



ヴァレン「これは!」



アカシア「…コネクト!」


両手をガッチリ合わせた瞬間、空中で大爆発を起こり、ヴァレンが黒い煙と共に落ちる



ヴァレン「ゴホッ…ゴホッ…ガハッ!」



腹部を手で押さえ、血を吐くヴァレン



アカシア「…やっとダメージが通ったな」



地面に突き刺さる2本の滅罪剣がヴァレンの元に戻る


ヴァレン「フフフ…」



ゆっくり起き上がり、浮いている2本の滅罪剣を手に持った。初めに説明したがあまりに巨大な剣なので女性の力で持つのは不可能なのだが、ヴァレンは軽々と持った



アカシア(…奴の本気が来る)



両手に力を込め、5段階濃縮するとバチバチと音が鳴る。今にも破裂しそうだ



ヴァレン「おそらく威力、爆発範囲は核レベルだろう…まさに破壊神。だけど残念ね、純粋な能力者の限界はそこまでよ」



アカシア「…どういう事だ?」



2本の剣が合体し、更に巨大化した滅罪剣を片手一本で持っている



ヴァレン「1つの能力を極める第一世代、2つの能力を操る第二世代、私はどちらでもないのよ」



感想

感想はありません。

「ZAZA」の携帯小説

ファンタジーの新着携帯小説

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス