携帯小説!(PC版)

DARK-NESS 162

[38] ZAZA 2018-05-29投稿
「オイ!なんだこの騒ぎは!」



「能力協会が攻めてきた模様!こちらに向かっているかと!」



「応戦できる者は直ちに向わせろ!奴らの目的は八重桜とAIチップだ!」



「父上」



「八重桜!何をしている!早く逃げるんだ!」



「恐れる事はありません。我ら大和家の力を見せる時です」



「しかし能力協会最大勢力だぞ!」



「問題ないでしょう」



「兄上は我々が必ずお守りします」



「駒鳥!天女魚!」



「だから父上はお逃げください。既に大和家の女、子供達は避難しています」



「わかった…お前は当主になってまだ日が浅い。だから絶対に死ぬんじゃないぞ!」



「兄上、奴らはもうそこまで来ています」



「我ら大和家の事を守ろうとしてくれた者達の命を決して無駄にしてはいけない…いくぞ」



離れた矢倉から戦場と化した本家を見つめる子供が二人



「お家が燃えてるよ!兄上様達は大丈夫だよね?」



「師匠…」



数分前、八重桜に連れて来られた



「二人はここでおとなしく待つように!決して外へ出てはならない、いいな!」


幼い方の頭を撫で、もう1人の方の肩に手を乗せる



「もしお前達に危険が迫った時は…頼んだぞ」



そして二人は戦場を見守っていると協会の人が近づいてきた



「おい!子供がいるぞ!皆来てくれ!」



周りを包囲される



「大和家の人間だな!例え子供だろうと殺せと命を受けている!覚悟!」



数人が駆け出した瞬間、二人の前に炎の獅子が降り立つ



「煉獄の獅子よ…駆けろ」


協会の者達に炎の獅子が突っ込む



「裏切ったな!オルゾ!」


「だから何だ?協会に報告するか?やってみろよ…灰になっても出来るならな」


一瞬だった。獅子が駆け抜けた後は灰すら残らなかった。だが助けてくれた人は能力協会の制服を来ている


(この人は敵なのか…味方なのか…)



「弟と弟子だな。八重桜から話は聞いている。事が収まるまでここにいろ」



「父上や母上の所へ行った方がいいんじゃないの?」


「残念だが避難した人達は全員殺された」



「!」



「だからここにいろ。俺が必ず守る」



感想

感想はありません。

「ZAZA」の携帯小説

ファンタジーの新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス