携帯小説!(PC版)

DARK-NESS 163

[122] ZAZA 2018-06-25投稿
「く…これ程の力とは…」


大和家の三人に対し、シゲル、キールを筆頭にスレイツ、レピオス、ハルシカなどの部下達がいたが、力の差は明らかだった



「大和家…魔痕…やはり脅威じゃな」



たった三人なのだが、彼らを前に能力協会はひれ伏すしかなかった



「兄上、我々だけで十分でしたね」



「気を抜くな。まだ創設者龍・老酒が残っている」



八重桜の視線の先に見える人影が地面を高速に移動し、三人の前で止まる



「兄上、この影は一体?」


「近づくな!身を構えよ!奴が現れた…」



影から人間が出てくる。



「久しいな…八重桜よ」



「随分若返ったな。それは誰の体だ?」



変色した肌を隠す包帯、ゆったりとした服だが見た目は青年だ



「やはりこの三人を滅する事は無理だったか。だがもうたった三人だ」



「!」



「大和家はもうお前達しか残っていない」



「嘘だろ…」



「…」



「兄上…我らがいれば十分です!我らが力を合わせれば勝てます!」



「確かに三人で来られたらさすがにキツイが、もう準備は整っている」



三人を囲むように巨大な黒い腕が現れる



「彼らはただ戦っていた訳ではない。我が能力の闇ノ千樹種を撒く作業をしておったのだ。そして撒いた所から闇ノ千樹手が出現出来るという事だ」



「やられた…」



「ざっと見て約500本はあります…兄上」



「大和の血は決して滅びはしない…お前の前に必ず現れる!この身でなくても!」



闇ノ千樹手が一斉に攻撃し、本堂が崩れ落ちる



(黒い手…龍・老酒だな。あれじゃあ生き残るのは無理か…)



不安な表情の二人に掛ける言葉が見つからないオルゾ。そんな中、耳に付けてるイヤホンからオルゾに呼び掛ける人物がいた



「オルゾ君、聞こえますか?任務中に何処かに行かれたみたいですが、今何処ですか?」



聞こえてきた声は低く、渋く、落ち着いていて、セクシー且つダンディーな感じだ。そう彼の名はトカイ・キュベ、魔人と呼ばれている男だ



「こちらは問題ありません」



「そうですか、いやぁオルゾ君以外にもヴァン君も何処か行かれたので私が1人で片付けましたよ逃げた大和家の皆さんを…」



感想

感想はありません。

「ZAZA」の携帯小説

ファンタジーの新着携帯小説

新着小説作品

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス