携帯小説!(PC版)

トップページ >> SF >> 〜Stliker〜 哀編 (175)

〜Stliker〜 哀編 (175)

[81] 焼き魚 2023-03-30投稿
結奈と綾香は避難中に接収した4輪軍用車にて近くの大型シェルターを目指していた。道中で道路を遮る程の大人数の住民を発見し、綾香は怪我人など可能な限りの保護を試みるべく、車を下車した。

「私たちはシェルターを目指している者です。怪我人はいませんか?なるべく保護して最優先で保護してもらうように嘆願します。」

綾香が住民達の集団に近寄ると住民達の代表、中年くらいの女性が綾香に近づいた。

「ありがとうございます。実は2人程逃げ遅れた際に負傷しまして・・・」

住民達の背後には放棄されたストライカーが見えた。代表者の女性以外の人々の表情は皆下を向いていてわからない。何かぶつぶつ言っている、あるものは何故かにこにこしている。そしてこの代表者でさえ妙に落ち着き払った態度に対して綾香は違和感を覚えた。綾香自身が過去に経験した訳でもない。しかし、全身から細胞の隅々から"逃げろ!"と言う叫びを感じ取ったのだ。

「結奈ちゃん、車をバックして!アタシを放ってとにかく逃げえ!」

綾香は全力疾走で後退し、結奈に危険が迫っていることを叫んだ。結奈は最初、綾香が何を言っているのか理解出来なかったが綾香を後ろから追いかける集団の異様な雰囲気に結奈も逃げる決断をした。結奈は綾香を救出するべくアクセルを全開にして綾香に突っ込んだ。

「えぇ!嘘やろ!!なんでこっち来るんや!!」

「綾香!後ろの入口に飛び込んで!!」

結奈は寸前の所でターンすると後部ドアが開いていることを綾香に見せつけた。

「一か八かや!」

綾香は開いている後部ドアから軍用車に飛び乗ることに成功し、結奈はすぐさま車を発進させた。

「結奈ちゃん!!無茶やわ!段取りと違うやんか!あとで説教な!」

「一人で逃げたところで綾香がいなければ私も遅かれ早かれあの世行きだよ!!」

綾香は後部席に詰め込まれた銃器を手に取り並べ直すと、天井のハッチを開き据え付けを機銃を追跡集団に向かって掃射した。追跡集団の走りは凄まじく、軍用車も飛び上がる程のスピードにも追い付きつつあった。個別の走り方のフォームは完全に人間のそれだが速度が尋常ではなかった。




感想

感想はありません。

「焼き魚」の携帯小説

SFの新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス