携帯小説!(PC版)

トップページ >> SF >> 〜Stliker〜 哀編 (176)

〜Stliker〜 哀編 (176)

[60] 焼き魚 2023-04-05投稿
多数の人型の集団に追いかけられる結奈と綾香。

結奈は軍用車のアクセルを全開で吹かし、逃走を試みる。そして据え付けの機銃を構えようとする綾香に大声で叫んだ。

「えぇ!?人を撃っちゃうの!?」

「結奈ちゃん!!車の速度について来るような人間はこの世に存在せんで!あれはもう敵や!とにかくアクセル全開キープやで!」

綾香は機銃を構えると間もなく掃射を開始した。結奈は直接綾香の様子を見たわけではないがその声色から生気に満ちたものを感じていた。

「ワテらをトりたいならあ!さっさと来い!!」

綾香の両腕に機銃の激しい反動、そして薬莢が散らばる。そして銃口の先には次々と肉塊が覆い被さっていく。

「こっちは腹括っとるんや!」

銃身が熱を帯びる。綾香は当然冷却の必要性を感じていたが追跡の集団はその数を増していた。ざっと見ただけでも100体以上は超えるだろう。なおもその数は増している様子をさえある。機銃掃射を止める訳にも行かない。

「綾香!前からも似たような人達が沢山来てるんだけど!?」

軍用車の進行方向に数十体の新手の追跡集団が現れた。

「結奈ちゃん!!構うたらあかんど!そのまま散らさんかい!」

結奈は綾香の口調の変化に戸惑うもアクセルを緩めない。

集団と衝突した軍用車には血痕や肉片が付着した。骨格が砕ける音や肉が潰れる音、肉片によりハンドルが鈍く取られる感覚を結奈は感じた。

「うぐぉ!」

結奈の不快感はピークに達し、足下に転がっていたヘルメットの中に嘔吐した。しかし、一瞬前方から気を反らしたことでハンドルが取られ車体は横滑りし何かにぶつかりながら停車してしまった。衝撃は少なかった。綾香は慌てて結奈の様子を確認する。

「結奈ちゃん!!結奈ちゃん!!起きいや!敵はまだまだ来とるど!!」

綾香はうずくまる結奈を確認した。そしてその視線の先に放棄されたストライカー1機を確認した。

「まだ終わってない!」

感想

感想はありません。

「焼き魚」の携帯小説

SFの新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス