携帯小説!(PC版)

トップページ >> SF >> 〜Stliker〜 哀編 (180)

〜Stliker〜 哀編 (180)

[13] 焼き魚 2024-03-29投稿
綾香は龍雅の言葉の意味を理解出来なかった。

「復活に利用て・・・何のために?」

龍雅はちゃぶ台に置いてあった緑茶を啜った。

「一言で表すなら・・・ティンジェルの未練だろうか。肉体は先の大戦で俺が・・・いや、本来の人格の俺が滅ぼしたが研究者であったあいつはその思念とか精神をデータとか他人の思想に憑依させることである意味"死"を免れた」

龍雅は湯飲みを置くと再び綾香を見つめた。

「つまり、俺もお前もあいつのバックアップデータの一部とされていたと言うことだ。そのバックアップを取るためには人格が一度完全に崩壊した人間の器が必要だったと言うことだ」

綾香は龍雅の発言をあたかも自身が既に身に付けている記憶のように聞いていた。

「なんやろ・・・初めて聞いた話やのにもう知っているみたいな違和感・・・」

「それはお前にティンジェルの記憶が植えられたからだ、俺もそうだ」

綾香は龍雅の言葉のあとに両手で頭を抱えた。

「ああ、あんたがアタシでアタシがあんたであり、またそのイカれた女ってことやんな?気持ち悪っ!そういえば、今思ったんやけど・・・」

綾香は何かを思い出した。

「この女の記憶の中にこの空間から抜け出す方法が今見えた!そして・・・」

龍雅は頷いた。

「そうだ、俺がバックアップデータのための器にされたことまでは想定外だったらしい」





感想

感想はありません。

「焼き魚」の携帯小説

SFの新着携帯小説

サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス