携帯小説!(PC版)

トップページ >> ウィークリーランキング

ウィークリーランキング11月06日〜11月13日分

  • 1
 
  • ランク1  隣クラスの面白三人組

    「え…なんで…桜井が…」「由乃の顔に似てるんだって言いたいんだろ?」「あぁ…」悠奈はゆっくり頷いた。「信じられないかもしれないけど.俺は由乃の双子の兄なんだ.まぁ…その真実を知ったのは高校入学した時なんだけどさ…」俺は苦笑しながら自分の頭を掻いた。「………」悠奈は何も言わずただ…ボケッと俺を見つめてる。「まぁ…俺が竹川達を見ていたのは.自分の双子の弟がどんな奴なのかそして…その弟がどんな奴と付き
    砂音 さん作 [2]
  • ランク2 隣クラスの面白い三人組

    「しかし.本当に眼鏡をしてないと由乃.そのものだな…」あれから.俺と悠奈は駅前近くのファミレスで一緒に何かを食べる事にした。「まぁ.名字は違うけど双子だからな」「そっか.ところで夢月と由乃は小さい頃に親が離婚してるって事になるのかな?いきなり聞くのも失礼だけど…」「そうらしいな…俺も親父に聞いたからあまり.詳しい事情はしらないけど…俺と由乃がまだ.2.3歳ぐらいの時に離婚したらみたいだな…」俺はコ
    砂音さん作 [2]
  • ランク3  隣クラスの面白三人組

    俺の隣のクラスには名物三人組と呼ばれる男子生徒がいる。まず.一人目は賭け事が大好きな.松原弘明。しかし.いつも負けている。二人目は他の二人の保護者と呼ばれている。一番まともな竹川悠奈。そして.三人目は変わった服装で学校に登校してくる。(俺の学校は制服じゃなく私服なんだ)梅実由乃(よしの)。その三人が今.俺の周りで有名になっている1年3組の仲良し三人組そして…その三人組の一人.梅実由乃はなんと幼い
    砂音 さん作 [1]
  • ランク4  隣クラスの面白三人組

    ゆき兄と屋上で話した後俺は.自分の鞄を取りに教室に一旦戻った。教室にはまだ一人生徒が残っていた.俺はその生徒を見て驚いた。「あ…なんで竹川がここにいるんだ…?」教室にいたのはこのクラスの生徒ではない悠奈だった。「いや.今日.昼休み桜井と話していて楽しかったな…って思って.だから.もっと桜井の事を知りたいな…って思ったんだ」「俺の事を知りたいのか?」「うん.それから何故?桜井がずっと俺達の事を見て
    砂音 さん作 [1]
  • ランク5 隣クラスの面白三人組

    「けど.なんで?由乃に自分は双子の兄だって事を言わないんだ?今のアイツは夢月を敵対しているぞ」「今さら.なんて言えばいいんだよ」悠奈の問いに俺は顔をしかめた「確かになんて言うか迷うと思うが俺はやっぱり由乃話した方がいいと思う」「そうだろうか…むしろ混乱しないか?実は自分には生き別れた双子の兄がいるって話したら」「うー…それを言われたら.否定出来ない」悠奈は俺の言葉に複雑な表情を浮かべている。「俺は
    砂音さん作 [1]
  • 1
 
サーバ維持用カンパお願いします。
WebMoney ぷちカンパ

Twitterで管理人をフォローする

利用規約 - サイトマップ - 運営団体
© TagajoTown 管理人のメールアドレス